ダイエット食べ物

カロリーゼロでも太る!人工甘味料はダイエットの大敵!

更新日:

ダイエットをしたい人や痩せたい人、健康志向の人はノンカロリーとかカロリーゼロの食品を選びがち。

 

でも、カロリーゼロって書いてある商品って甘くないですか??

 

あれには人工甘味料が含まれていて健康への悪影響も懸念されています。

 

今回は人工甘味料の特徴、太るワケについて話していきます。

カロリーゼロは、本当は0カロリーじゃない?!

飲み物によくある”カロリーゼロ”。

 

0カロリーだと私も思っていました・・・が、これは実際に0カロリーではありません。

 

厚生労働省の健康増進法が定める栄養表示基準というものがありまして、

 

”100mlあたり5kcal未満であればカロリーゼロまたはノンカロリーと表記しても良い”と書いてあります。

 

100gあたり糖質が0,5g未満の場合も糖質ゼロと書くことができるのでチェックしておきましょう。

ノンカロリー食品に使われている人工甘味料は太る?

人工甘味料はカロリーとならないため摂取カロリーを抑えることが出来ます。

 

そして、血糖値が増えたりインスリン分泌の影響がないので、人工甘味料が太ることとは関係ないとの声も。

 

太るのは糖質を摂取して、血糖値を上昇させてしまうからでしたね。

 

だったら、血糖値の上昇がない(と言われている)人工甘味料は太らないはず??

人工甘味料はカロリーゼロなのに太る理由

カロリーゼロということで食べ過ぎる

カロリーがゼロだったら、他の食べ物とか飲み物よりもたくさん摂取してもいいや!

 

と安心してしまうことも太る原因なんだとか。

 

ダイエットしたい人ほどカロリーゼロを選びがち。

 

そして、カロリーゼロを選んだので他の食べ物と合わせてもカロリープラスマイナスゼロだ!と思って脂っこいモノを食べ過ぎちゃう・・・

 

なんてことが一番の太る原因なのでしょう。

甘みになれて味覚が麻痺して食欲が増す

人工甘味料は砂糖よりも圧倒的に甘いです。

 

しかし、カロリーが低いので安心して多く食べてしまいがち。

 

そうなると、舌にある甘みを感知するセンサーの働きが弱くなってしまって普通の甘みではなかなか満足できなくなってしまいます。

 

どんどん、甘いものを体が欲するようになって、人工甘味料の他に砂糖が含まれるモノなどを食べたくなってしまうんです。

 

人工甘味料はコカインよりも強い依存性があると言われることもあり、段々と甘いものにハマっていく恐れも。

 

甘いものを食べたとき脳からドーパミンが出ますが、ドーパミンは、快楽や多幸感などを感じる神経伝達物質ですので、甘いものへの魅惑が断ち切れなくなってしまうんです。

ホルモンに影響し、脂肪を蓄えてしまう

人工甘味料はインスリンやインスリン分泌を促すインクレクチンなどに影響すると言われています。

 

1987年の研究では、人工甘味料をラットに注入するとインスリン分泌が増えることが分かっています。

 

人間の場合でも人工甘味料を飲んだら血糖値のピークが高くなるという研究結果があり、インスリン分泌のピークが20パーセントほど高くなったということも。

 

結局、血糖値が上がるという研究結果があるので、多少は上がるんでしょうね・・・

カロリーゼロはほどほどに。

カロリーゼロ商品を食べることによって直接太る原因となっているわけではないですが、甘いものを食べがちになったり、他のものを食べがちになったり・・・

 

痩せたいなら、糖質制限と筋トレをしましょう。

 

肉や魚、野菜を主に食べればOKです。

 

痩せたいなら甘い味がするもの、炭水化物をカットすればOKです!

まとめ

カロリーゼロと書いてあっても人工甘味料の甘みのせいで甘いものをばくばく食べてしまうことが原因で太ってしまうというお話をしましたがいかがでしたでしょうか。

 

たしかに、甘いものを食べればまたどんどん甘いものを食べてしまうことがありませんか?

 

そういう性質が甘い物にあるのは実感している人が多いと思います。

 

ダイエットするなら甘い物は週末だけにするなど、工夫することが必要です。

 

一週間に一度のチートデイ(怠けても良い日)を設定して、メリハリある食事習慣を身に付けましょう!

-ダイエット食べ物
-, , , ,

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.