体の大きな筋肉は、胸、背中、太ももの3つです。

 

これらの筋力を効果的に増やすと言われている3つのトレーニング”BIG3”と言われているのがベンチプレス、デッドリフト、スクワットです。

 

これらは、ダイエットに励む女性がきれいに痩せるために必要なトレーニング達なんです。

 

特に今回紹介するスクワットはダイエットに最も効果的な筋トレとして有名なので美しくなりたい人はスクワットをする習慣をつけましょう!

スクワットをしてどうして痩せられる?

スクワットをすると太ももが太くなってしまうイメージがありますよね?

 

実際にスクワットをすると太くなるのは太ももです。

 

しかし、太ももがパンパンになるほど大きくなるのは、男性ですからダイエットで行う分には太くなる心配はありません。

 

太ももは最も筋肉量の多い部位の一つで太ももの筋肉を増やすことで基礎代謝をあげて痩せやすい体質になります。

 

良くダイエットで行われている腹筋ですが、BIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)をやることで腹筋も鍛えることができるので、実際にやる必要はないかもしれません。

 

そんなに筋肉量もあるわけじゃないですしね、腹筋。

 

だから、腹筋ばっかり鍛えても基礎代謝が上がるわけではないんですよ。

 

同じ筋肉量を付ける場合腹筋500回に対してスクワットなら15回でいいと言われているほど、スクワットでつく筋力が多いことがわかります。

お腹周りを筋トレでダイエットできる超楽ちんオススメの方法とは?

 

腹筋は、日常生活で鍛えられるドローインとか、シックスパッドを使ったトレーニングをすれば続くと思いますよ。

 

私もやっています。

 

スクワットで筋力が多い下半身を重点的に鍛えて基礎代謝をあげて痩せる体質にするダイエット方法なんです。

 

人間の筋肉のおよそ7割は足にあると言われていますからね。

ダイエット以外でもスクワットは効果的で健康的?

スクワットだけじゃなくて筋トレは、ダイエットだけじゃなくて健康にもめっちゃいい影響を及ぼすんですよ。

姿勢が良くなる

スクワットによって、下半身以外の筋肉、背筋や腹筋も鍛えることができます。

 

そうすると、腰回りの肉がきゅっと落ちて姿勢が良くなって座ってる姿、起っている姿がきれいになる効果もあるんです。

ヒップアップも

運動不足によって垂れてしまったおしり。

 

どうしても見た目が悪くなってしまうので治したい人が多いと思います。

 

スクワットでおしりの大殿筋などを鍛えることができるので、引き締まったヒップをゲットできますよ。

スクワットの基本的なやり方

間違ったスクワットをすると膝や腰などを痛めてしまうことが多いですので正しいスクワットのやり方を習得しましょう。

 

スクワットのやり方に関しては種類がたくさんありますけど、基本的なやり方を抑えておけばOKです。

 

  1. 足は肩幅よりも少し広めに開く
  2. 足の爪先は外側に向ける
  3. 膝を曲げるときは股関節もまげて体を落とすイメージ
  4. おしりを突き出して膝が爪先より前に出ないようにする
  5. 背中を丸めてはだめ
  6. 太ももと床が平行になるようにする
  7. 立ち上がるときは膝を伸ばし切らない(立った状態まで膝を戻すと負荷が下がる)

 

というところでしょうか。詳しくは動画を見てみましょう!

 

スクワットの回数は15回×3セットが良いでしょう。

 

でも、初めてだったらそんなにできないかもしれないので自分が限界だと感じる回数をやるようにしてください。

 

毎回前の自分を超えられるようにトレーニングしていけば美しい体は手に入りますからね!

スクワットでどれくらいしたら効果が出る?

スクワットでは太ももや背筋や腰回りを鍛えることができます。

 

ですので、一般の人が考えているようにダイエットで体重を減らすことを考えているならそれは無理かもしれません。

 

”ダイエットしているのに体重が増える”可能性があるということです。

 

筋肉は脂肪よりも重いですからね。

 

体重が増えるなんてショックなんて言わないでくださいよ。

 

ダイエットの目的は体重を落とすことよりもきれいになることですよね?

 

めっちゃガリガリになっても魅力的じゃないですよ!

 

適度に筋トレしている体の女性が一番美しいです。

 

見た目が引き締まってちょっと変わったな・・・と感じられるのが2週間といったところでしょうか。

 

スクワットをやると見た目だけではなくて基礎代謝も上がってさらに美しい体になることに拍車がかかりますよ。

スクワットの他に有酸素運動をやるべき?

テレビや雑誌などでは筋トレをした後に有酸素運動をすることで脂肪が燃えやすくなるなんてこと言っていますよね。

 

だけど、私は有酸素運動を取り入れなくてもいいと思っています。

 

有酸素運動を無理に取り入れようとすると、BIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)という一番大切筋トレがおざなりになってしまう可能性があります。

 

だって、筋トレした後に30分走るなんて一生続くことを考えて、それ続けることできますか?っていう話です。

 

それだったら一番大切な筋トレをしっかりやって、脂肪を燃焼させることは食事制限(糖質制限)に任せましょう。

 

体重を落とすなら別にジョギングやランニングをする必要ないですから。

 

糖質制限して痩せて、体を綺麗に美しくさらに痩せやすい体にするために筋トレをするというイメージです。