ダイエットに適している時期は生理の終わりごろからの二週間ほどと言われています。

 

この時期はエストロゲンの量が増えてきて食欲が抑えられて代謝が良くなるからみたいですよ。

生理後はなぜ痩せやすい?

生理前、生理中は食欲が抑えきれなくなったり、イライラしたりします。

 

しかし、生理後は食欲が抑えられてストレスもたまりにくくなります。

 

心や体の調子がいい時期ですからスリムになるならこの時期です。

生理前や生理中はどうやってダイエットする?

生理前や生理中はダイエットを進んでやる時期ではありません。

 

この時期は水分や栄養などを体にためやすい時期で痩せにくいと言われています。

 

勿論、生理が終われば体重は元に戻ることが多いですが、痩せにくい時期でも注意しなければならないポイントはあります。

食事

生理前や生理中は食欲が増進されて太りやすくなる時期です。

 

ストレスがたまりやすい時期なので甘いものを自然と食べたくなりますが、食べすぎるのは考えもの。

 

基本的に好きなものを食べないことは続かないので、おすすめはしません。

 

ナッツやヨーグルトなど、甘くて栄養価の高いものを積極的に食べるようにするとよいですよ。

鉄分をとる

生理が始まると鉄分不足になりやすいと言われています。

 

意識的に栄養を摂っていきましょう。

 

鉄分はきなこ、ごま、ひじき、レバー、煮干しなどの食品が多く含みますよ。

食物繊維をとる

生理前、生理中は体に水分をため込むので血行が悪くなって便秘がち。

 

そんな時、食物繊維を積極的に取ってみましょう。

 

お通じが良くなってお腹も膨れてダイエットにも最高!

 

食物繊維は、野菜(キャベツ、セロリ、レタス、とうもろこし、玉ねぎ、ブロッコリー、だいこんなどなど)はもちろん、おからやアーモンドからも摂取できますよ。

ずっと続けられる食事習慣を身に着けるべき

いったん痩せてまた太ってしまっては意味がないですよね。

 

結局ずっと続けられる食習慣を身に着けるしかないんです。

 

ご飯を食べたら歯を磨きますよね?

 

毎日お風呂には入るはず。

 

それと同じように週に二回筋トレをしたり、食事は糖質をあまりとらないようにしたりすることを意識せずにできるようになれば、それが習慣化された証です。

 

好きな食べ物を禁止してしまうといったん痩せても爆発的なリバウンドが怖いですので、好きなものは食べ方を変えたり、食べる量を減らしたりすることをお勧めしています。

 

脂ものとか甘いものとか好きで好きでやめられないなら食べ方、量を変えればよいんです。

 

あとは、お風呂に入った後に体重を測る習慣も大切ですね。

 

週に一度でいいので体重計に乗ってみましょう。

 

食べすぎて「今週太ったな・・・」と感じれば、自然と食べるのを遠慮したり、筋トレに熱が入ったりするものですからね。

 

悪い食習慣を消して良い食習慣を作ることから始めましょう!