トレーニング

下っ腹のポッコリを解消するダイエット方法とは?筋トレで部分痩せ

更新日:

二の腕や太ももを気になる人も多いと思うんですけど、やっぱりお腹周りのポッコリが一番気になるところですよね。

 

足やおしりなどのように下っ腹も部分痩せすることができます。

 

逆に部分太りするくらいですから、部分痩せすることもできるんですよ。

 

下っ腹をへこませたいならそんな筋トレ方法を選んでみましょう。

下っ腹を中心に痩せるトレーニング方法って?

下半身捻り体操

寝る前にすぐにできるストレッチとして、続けやすいのがこのエクササイズ。

  1. 仰向けに寝て両手を広げます
  2. 両足をそろえてゆっくりと上にあげます
  3. 両足をそろえたままゆっくりと右に倒して床すれすれで止めます
  4. 足を真ん中に戻して反対側も同じようにやります。

骨盤矯正もできるおしり歩き運動

ウエストをくびれさせるだけではなくて下半身も引き締めることができるおしり歩き運動。

 

家にいて座りながらできるので、続けやすいですよ。

 

  1. 両足を伸ばして床に座る
  2. 右足を伸ばすイメージで足を前に出す
  3. 同じように逆の足を前に出す
  4. これを繰り返しておしりで進んでいく
  5. 30歩ほど進んだら今度は後ろに進む

 

ドローインダイエット、シックスパッド

歩きながら、電車に乗りながら、何かのついでにできる下っ腹をへこませるダイエット方法としてドローインとシックスパッドを使った痩せ方があります。

 

シックスパッドはお腹に貼るだけで、23分間腹筋を鍛えてくれますし、ドローインは呼吸を意識するだけで痩せることができますので、非常に習慣化しやすいダイエットです。

お腹周りを筋トレで絞る超楽ちんオススメの方法とは?

深呼吸ダイエット

”太りやすい人は呼吸が浅い”って聞いたことありませんか?

 

呼吸の仕方を見直すことで痩せやすい体質になっていくんです。

 

代謝が上がるのもそうですし、内臓が活発に活動するようになるので太りにくくなるんです。

 

まずは、息を吐き出しながらお腹をへこまして体内にある酸素を全部出しましょう。

 

そして鼻から息を6秒かけて吸ってお腹を膨らませて6秒キープします。

 

最後は12秒かけてゆっくりと息を吐き出してお腹をへこませます。

 

これ、けっこーキツいですよ。

 

軽く筋トレしているみたいな状態です。

 

この深呼吸を一日に一〇回やるようにしましょう。

 

普段鍛えないインナーマッスルを鍛える事が出来るので代謝UPになりますし、内臓の位置を正しい位置に戻すことが出来るので自然と脂肪燃焼に繋がることが出来ます。

 

これ、ふとしたときにすぐ出来るので簡単に継続できますね!

 

一番オススメです!

下っ腹をへこませる運動を続けるには?

何かのついで、合間にやる

 

続けていくには、エクササイズをやるときに憂鬱な気持ちにならないようにすることが大切です。

 

お風呂入ったり、歯を磨いたりするときに憂鬱な気持ちにはならないですよね?

 

それと同じでエクササイズも嫌な気持ちにならないことが大事です。

 

お風呂の後、入浴中、電車に乗っているとき、歩いているときなどに意識してやることが大切です。

正しいやり方で筋トレする

きっちりウエストに効いていることを実感しながらトレーニングしないと効果が半減します。

 

また、すぐに痩せようと思って焦らないことが大切。

 

それよりも一番大切なことは習慣化すること。

 

一生続けても大丈夫と言えるエクササイズをしないとまた太ってしまいますからね。

まとめ

トレーニングで部分やせしたいなら、続けやすい方法を選ぶことが大切です。

 

この記事で紹介した方法はすぐに日常のどこかで使える方法ばかりなので継続しやすく結果が出やすいです。

 

特に深呼吸法は普段から意識しておくと良いですね。

 

ジョジョでも呼吸の重要さはめちゃくちゃ強調されています。

ヨガや瞑想をやる人も呼吸の大切さは身にしみて分かっているはずです。

 

ウエストやせを目指す場合もまずは呼吸法から始めてみてはどうでしょうか。

-トレーニング
-, , , , ,

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.