未分類

痩せるホルモンのglp-1を出すといくら食べても太らない?!

投稿日:

何であの人はあーんなに食べているのに太らないの!怒

 

私は食べたらすぐ太るのに・・・

 

って思うことありませんか?

 

ギャル曽根とか今もテレビ出ているのか分からないですけど、あの人不思議ですよね。

 

超羨ましい・・・

 

食べてもなかなか太らない人と食べたら速攻で太る人の違いは痩せるホルモンに違いがあったんです。

痩せるホルモンとはなんぞや?

痩せるホルモンglp-1とはアメリカで肥満の治療薬として使われるホルモンで、確実に痩せる効果があると言われています。

 

このホルモンって腸で作られているわけですが、私たちが年を重ねるにつれて腸内の悪玉菌は増えやすくなるので普通の生活を送っていても腸内環境が悪くなります。

 

腸内環境が悪くなれば下痢や便秘などを引き起こしてしまい腸の働きも悪くなりますよね。

 

年をとるにつれてお腹にお肉が付きやすくなるのもこんなことが関係しているかもしれませんね。

 

痩せるホルモンを排出する腸は、動きが活発になると代謝が上がって消費エネルギーの量も増えますよ。

 

でもこのホルモンって実は誰もが持っているホルモンなんですよ。

 

gpl-1は食べ物を食べると分泌されますが、分泌量は個人差が大きいのが事実。

 

たくさん食べても全然太らない人もいますが、運動に食事制限に頑張ってもなかなか痩せない・・・って人もいますよね。

 

じゃあどうしてgpl-1が分泌されると太りにくい体質になれるのでしょうか??

gpl-1は血糖値の上昇を防ぐ

glp-1は胃から腸に食べ物が送られるのを遅くします。

 

その結果、糖分が腸で吸収されるのに時間がかかって血糖値の上昇を緩やかにします。

 

さらにglp-1は膵臓にも働きかけて、インスリン分泌を促進させます。

 

このため、糖尿病の方の治療薬としてもglp-1は使われているんですよ~

 

食事の際、野菜を最初に食べると血糖値の上昇をゆっくりにすると言われているのも覚えておいた方がいいでしょうね!

glp-1は満腹中枢に働きかける

glp-1は脳の中枢神経に働きかけて満腹中枢を刺激する効果があって、glp-1が刺激されれば少量の食事で満足感を得ることが出来ます。

 

glp-1が消化、吸収のスピードを遅くするので、腹持ちが良くなってお腹がすきにくくなります。

 

glp-1がたくさん出ると、きつい運動や食事制限がないので無理なくダイエットできます。

どうやってglp-1の分泌量を増やす?

glp-1の分泌量を増やすには、糖尿病の薬の成分として含まれていますが、勿論糖尿病と医師に診断されないとその薬を手に入れることは出来ません。

 

ですから、体内でglp-1を多く分泌させなくちゃいけません。

 

glp-1は小腸の下部にある細胞から多く分泌されます。

 

ですから、小腸下部を刺激する食べ物を摂ることでglp-1を多く分泌させる必要があるわけです。

glp-1の分泌量を増やす食べ物

チラコイド

チラコイドとはほうれん草に含まれる成分で、肥満や生活習慣病を解決してくれるもので、満腹ホルモンを分泌してくれますし、食後の血糖値を抑制して脂肪の吸収を防いでくれます。

 

スウェーデンの臨床試験によると、同じダイエット方法の場合はチラコイドをすることでダイエットの成功率が43パーセント上昇すると言われています。

 

チラコイドは食物の消化や吸収を遅くする効果があるので、小腸を刺激して、glp-1の分泌量を多くすると言われています。

食物繊維

食物繊維は消化されにくいので小腸下部へ届きやすく、小腸下部へ刺激を与えることができます。

 

ただ、食物繊維は意識的に摂取しようとしないと不足しがちな成分で、意識して海草、野菜、芋類などを食べようとすることが大切です。

 

  • 穀類
  • 野菜
  • きのこ
  • 果物
  • 豆類
  • 種実類
  • 海藻

 

食物繊維は、上のような食品に含まれていて、生野菜よりもゆでたり上げたりした方が食べる量が大きくなりますので摂取できる食物繊維の量が大きくなります。

EPA

EPAは青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸の一種で、一日あたり1000mgを目安にEPAを摂取すればダイエット効果を高めることが出来ると言われています。

 

青魚に多く含まれると言うことでEPAという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

血液さらさら効果があって、動脈硬化や心筋梗塞の予防、中性脂肪、悪玉コレステロールの減少にも繋がるんですよ。

 

サバやイワシ、アジやサンマなどの青魚を食べると良いですが、火を通すとEPA歯少なくなるのでお刺身や缶詰を食べることでEPAを効率よく摂取しましょう。

乳酸菌を摂る

腸を刺激するにはヨーグルトやキムチ、漬け物を食べて乳酸菌を摂取するのが効果的。

 

他にはタマネギ、ネギ、キャベツ、ゴボウ、アスパラガスなどのオリゴ糖を摂取して腸への刺激を高めることができます。

まとめ

どうでしたか。

 

食べても太らない人と太りやすい人の違いは、運動量や基礎代謝量の違いではないと薄々感づいていたものの、痩せるホルモンというものがあるのは意外だったと思います。

 

どんどん痩せるホルモンを出して太りにくい体作りをしてみませんか??

-未分類

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.