ボディケア

筋肉が脂肪に変わる?デブほど筋肉が付きやすい?

更新日:

 

誰もが”太っている人の方が筋肉が付きやすい”だとか、”筋肉が衰えると脂肪になる”といった噂を聞いたことがあると思います。

 

これ、両方真っ赤の嘘ですからね。

 

ただ、筋肉が脂肪に変わったかのようにみえるやすいだけなんですよ。

筋肉と脂肪は構成成分が別

筋肉と脂肪は構成している成分が別なので、どっちかがどちらかになることはありません。

 

筋肉はタンパク質からなっていますし、脂肪は脂質からなっています。

 

「プロテインを放っておいたら、脂身のようになった」なんてことないですよね?

 

”脳みそが筋肉に変わる”くらいありえません。

 

逆に、まずは太ってから筋肉を付けようなんて言うのもおかしな話です。

何故筋肉が脂肪に変わるように見える?

筋肉は筋繊維が集まって束を作っており、トレーニングをすることで筋繊維が大きくなるので筋肉が大きくなるんです。

 

定期的にトレーニングをしている人は筋肉がその負荷に耐えようとして大きくなりますが、筋肉にかかる負荷が落ちてしまうと筋繊維はやせます。

 

引退後の力士がすごく痩せるのを見ているとよく分かりますよね。

 

貴乃花親方なんてびっくりするくらい細いですもんね。

 

あれは筋繊維が痩せてしまった状態です。

 

ただ、筋肉が痩せると消費エネルギーが減ります。

 

大体の人は運動をしなくなっても食事量は変わらないので、筋肉が痩せてしまって、さらに脂肪が増えた状態になるんです。

 

そうすると、体の大きさは大して変わらないのに腕とか体がぷよぷよしてきますよね。

 

単純に、筋繊維は痩せて、脂肪が増えただけなわけです。

筋肉を鍛えても脂肪は増えない

逆に言えば筋トレをしても脂肪が増えることはないですよ。

 

太る人は単純に食べ過ぎているんです。

 

やせ気味の人は一日の摂取カロリーが不足しがちだから痩せているだけ。

 

太りすぎの人は摂取カロリーが多すぎだから太っているだけ。

 

こんなに単純な話だったわけですよ!

 

さあ、綺麗に、美しく、かっこよくなるために筋トレしましょう

まとめ

デブの人は食べ物を吸収する分確かに筋肉がつきやすいというのはありますが、結局脂肪と筋肉は別。

 

筋繊維が減ってお肉がつくとぽっちゃり体型になっているだけで、筋肉が脂肪に変換されるわけではないと言うことでした。

 

ですから、安心して筋トレして大丈夫ですよ!

-ボディケア
-, , , ,

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.