ダイエット法

糖質制限はこれをみればOK!正しく美しくボディメイクするには

更新日:

ダイエットをしている人は、糖質制限のことを知らなくても、カロリー制限はしていると思いますので、炭水化物の量をコントロールしていない人はいないのでは無いでしょうか。

 

糖質制限は、ライザップで扱うダイエット方法ですので知っている人は多いと思います。

 

ダイエットと健康に欠かせない糖質制限。

 

今回はその知識についてまとめてみましたよ。

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限は、元々は糖尿病の食事療法としてあったものです。

 

今では、ボディメイクをするなら絶対に知っておかなければならないことですし、メタボまで行かない体型の人であっても、健康を維持したい人、可愛くなりたい女性などは糖質制限を意識する必要があるでしょう。

 

糖質制限ダイエットと炭水化物制限ダイエットはほとんど似た内容ですので、困っている人も多いかもしれません。

 

しかし、糖質と炭水化物は具体的には異なります。

 

炭水化物とは、糖質と食物繊維のことで、炭水化物は糖質よりも広い範囲をいっているんです。

 

糖質制限では、糖質を制限しなくてはいけないので、食物繊維はとっていかなくちゃいけないですよ。

糖質制限ダイエットのメカニズムとは

糖質をとると、血糖値が高まり、血糖値の上昇に伴って膵臓からインスリンがでてきて、筋肉や肝臓にブドウ糖を蓄えます。

 

ブドウ糖はエネルギーに変換されますが、これは主に運動によって消費されます。

 

運動で使い切れなかったエネルギーは中性脂肪に変わって体内に貯蓄されるようになります。

 

糖質を制限するとインスリンの分泌を抑えるので、中性脂肪として体内に貯蓄されにくくなります。

 

しかも糖質を制限することで、体は糖のエネルギーの代わりに中性脂肪を燃やすことでエネルギーを作るようになります。

 

ゆるい言葉で言うと、めっちゃ痩せるってことですね!

 

中性脂肪が付きにくくて、さらに中性脂肪を分解しやすくなるわけですから。

 

ライザップで短期間で一気に体重を落とす芸能人が続出している理由がおわかり頂けましたでしょうか。

何を食べないようにする?

糖質制限で何を制限するのかというと、パンやご飯、麺などです。

 

他には、芋類や甘いもの、お酒も制限しなくてはいけません。

 

ごはんをぬくなんて不可能!って人もいるかもしれないですけど、時間が経ってくるにつれてそんなに体が欲さなくなります。

 

糖質には依存性があると言われていて、糖質をたくさん食べれば食べるほど中毒性が増してしまうんです。

 

ラーメン、チャーハンセットとか、ビール後のラーメンとか食べているとすごく食べたくなりますよね。。

 

私なんてラーメン欲がすごくて、異常に食べたくなりますもの。

 

後は、焼き肉の時のご飯とか・・・

 

ただ、ちょっと糖質から離れていると、だんだんと糖質欲は収まっていきます。

糖質を制限することは健康に影響ない?

糖質制限が健康に影響がないことを人類の歴史を振り返りながら、考えていきましょう。

 

チンパンジーと共通の祖先から分かれてヒトが二本足で立ったのが700万年前。

 

その後猿人とか、北京原人などが栄えていたわけですが、結局20万年前に生まれたホモサピエンスだけが今の人類なんです。

 

私たち=ホモサピエンスなわけです。

 

で、農耕が始まったのがおよそ一万年前。

 

この一万年前より前は狩猟とか、採集で食べ物を手に入れていたので、いわば現代で言う糖質制限状態なんです。

 

私たちの行動とか退社を決めている遺伝子はそれこそ20万年前から変わっていなくて、漁労、狩猟、採集の生活条件に適応するためにプログラムされているんです。

 

今のように、穀物が大量に生産されて、それに依存されるような遺伝子システムではないということです。

 

さらに、近年ジャンクフード(清涼飲料水、ファストフード、スナック菓子)が普及されたせいで、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌量が爆発的に増えてしまったんですよ。

 

こうして、ここ数百年で生成された炭水化物を食べるようになったのでインスリンを大量に分泌しなくてはならなくなって、糖尿病とかメタボの人が続出するようになったんです。

 

こういった生活習慣病の大半は生成炭水化物とか、ジャンクフードによるものなので、”健康を考えたら糖質は制限しなくてはならない”んですよ。

 

ダイエットのために、でもあるんですけど、健康のために、糖質制限をする必要があるんです。

 

ちなみに日本人は摂取カロリーのおよそ6割を糖質に依存していると言われていて、今までの食事から糖質を抜いただけでは必要なカロリーを取り切れません。

 

ご飯を抜くだけではなくておかずを増やす努力をするようにしましょう!

食事を抜くダイエットは長期的に見るとダメ

食事を抜くダイエットを痩せるためにしている人も多いのではないでしょうか??

 

ダイエットをするときによく言われているのが一日の摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せると言うことですので、確かに食事を抜けばそれを満たすかもしれません。

 

例えば、夜ご飯食べないようにするとか・・・やっている人はおられないでしょうか?

 

食事制限が厳しいと言われているライザップですら、食事を抜くと言うことはしません。

 

ダイエットで最も大切なのは、”ずっと続けられる習慣を身に付ける”ことですので、短期間で痩せても太りやすい体になってしまったら意味がないんですよね。

 

夜ご飯を抜くようなダイエットをしていた場合、体が飢餓状態になってしまうんです。

 

燃費が悪い車みたいなもので、食べ物から必要な糖分が摂取できないと身体は体から糖を補おうとして、肝臓に蓄積されているブドウ糖やグリコーゲンから糖を生成します。

 

これらがなくなると、糖新生という代謝が始まります。

 

これは、タンパク質を材料に糖を作るものなんですけど・・・・

 

食事を抜くダイエットではここが問題なんです。

 

食事を抜いてしまって、体内のタンパク質でも消費エネルギーを補えなくなると、使われていない筋肉をアミノ酸に変えて糖を作るようになります。

 

筋肉が減ってしまうんですよ!

 

食事を抜くダイエットでは!

 

「え~、でもでも筋肉がない方が可愛いじゃん?」

 

なんて思う女性のみなさん。

 

そんなことは絶対にあり得ません!

 

海外のセレブや芸能人、モデルの人がみんな筋トレして筋肉を付けている事実から目をそらしてはいけませんよ。

 

女性は、深田恭子さんのようなスタイルを目指すべきだと私は思っているんですが、彼女も結構な筋トレをやっています。

 

全然マッチョじゃないですよね?

 

こんなスタイルは筋肉がないと維持できないんですよ!

 

食事抜いちゃダメ!絶対!

 

筋肉が減ってしまうと言うことは脂肪を燃やす力が落ちてしまうと言うことですので、太りやすい体になるんです。

 

要するに、長い目で見れば食事を抜くと太るってことですよ。

 

結局基礎代謝を上回る食事量を確保して筋肉が減らないようにするのがダイエットの基本なのです。

タンパク質は意識的にとる

人体の大半はタンパク質から作られています。

 

プロテインと言えば、キン肉マンが飲んでいるイメージがあると思いますけど、プロテインから出来ているのは、筋肉だけじゃないですよ。(プロテインは日本語訳すればタンパク質)

 

臓器や皮膚、髪の毛や血液だってタンパク質から出来ているんです。

 

ダイエットでは筋トレは絶対にしなくてはいけないですけど、タンパク質も毎日意識的にとらなくてはダメです。

 

具体的には体重1kgあたり1g以上必要と言われています。

 

もちろん、普段高い強度の運動をしている人は必要なたんぱく質量は多くなります。

 

大体プロテイン一杯分で、18gくらいのタンパク質を補給できますので、毎日飲む必要があるでしょう。

 

自宅でライザップのトレーニングメゾットを学べて、さらにライザップのプロテインをお試しできるサービスがあります。

 

お値段的にも手頃ですし、意識的にトレーニング出来てプロテインを飲むことが出来るのでダイエッターはお試しあれ。

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

プロテイン不足だと健康に影響が?

肌の調子が悪くなる

綺麗でみずみずしい肌を作るっているコラーゲンもタンパク質の一種です。

 

コラーゲンが少なくなることで肌荒れや、肌のくすみにもつながってしまいます。

貧血症状があらわれやすくなる

女性は貧血の症状にかかる人が多いかもしれないですが、原因は鉄分不足ではだけではないんです。

 

ヘモグロビンを構成するのがタンパク質ですので、生理中の時は特に鉄分と一緒にタンパク質も摂取していきましょう。

新陳代謝が低くなる

タンパク質が不足して筋肉が減ると代謝が落ちてしまいます。

 

そうすると太りやすいからだになるので、日々の生活にプロテインと筋トレは欠かさないようにしましょう。

糖質制限で眠気に襲われにくくなる

糖質制限をすると言うと、糖質制限の反対側の人から「人間の脳は糖分を必要としている!糖質制限は悪!」

 

なんてことを言われるかもしれません。

 

ただ、糖質を全くとらないわけではないんです。

 

制限するだけですので、ゼロではないことを念頭に置いておきましょう。

 

そして、脳が糖分を必要としているのは正しいんですけど、全部が口から摂った糖分じゃないといけないわけではなくて、糖新生でもいいんです。

 

タンパク質で補ってもOKということです。

 

さらに一日に多少の糖は摂取しますので、脳の働きが落ちることはないですし、眠気に襲われることはありません。

 

眠気って、炭水化物を摂った後にたくさんの糖を一気に吸収する事で起きるんです。

 

その結果血糖値がかなり高くなってしまって、膵臓はたくさんのインスリンを使って糖を吸収させて血流から取り除こうとするんです。

 

その結果、お昼ご飯の後に疲れたり、眠くなってしまったりするんですよ。

 

糖質制限をしていれば適度な糖質を摂取するだけですみますので、仕事や作業などの効率UPにもつながりますよ♪

糖質制限まとめ

糖質制限で自然に体重を適正な数値にしていく理由が分かりましたでしょうか??

 

糖質制限は健康を考える全ての人に実践して欲しいですし、体の調子が良くなる効果もあります。個人的には、特に眠くならないのは大きいです。

 

ただ、糖質を制限する上で、タンパク質を他のおかずから摂取することを忘れないようにして下さいね!

-ダイエット法
-, , , ,

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.