ダイエット法 トレーニング ボディケア

1ヶ月で腹筋を割りたい女子の作り方♪インスタ映えする腹筋に!

更新日:

腹筋が6個に割れている人いますよね。

 

この腹筋の筋って、実はどんな人にもあるんです。

 

単純に上に脂肪が付いていて気づかないだけ笑

 

つまり、どんなに腹筋をやっても脂肪を落とさないと割れた腹筋がこんにちはすることはないんです。

 

もともと筋肉量が男性に比べて少ない女性は体脂肪率を相当下げないとシックスパックが見えてこないんですよ。

 

ですので、女性は、腹筋の縦線が見えるくらいのボディを目指しましょう。


こういうAYAさんみたいな腹筋は目指してもいいですけど、ちょっと女性にしてはやりすぎです笑

 

一般の人はトレーニング量からいってなかなかそこまで追い込むことは出来ませんし、女性らしい体を目指しましょう。

深田恭子さんみたいな感じで。

 

このように、女性らしいボディラインを目指す方がモテという観点からみれば絶対に良いです。

 

ということで、今回は深田さんみたいな腹筋を手に入れる方法についてお話ししていきますよ。

一ヶ月で腹筋を割るには?

まずは、腹筋を割るために筋肉の種類を把握しましょう。

 

筋肉は大きく分けて3種類。

 

「速筋線維」、「遅筋線維」、「中間線維」です。

 

速筋線維は、陸上の短距離やウエイトリフティングなどで必要な筋肉ですが、持久力がないのが特徴。

 

速筋繊維は、スピードやパワーはないけど、持久力があるのが特徴で、例えば、マラソン選手などを思い浮かべてみるとわかりやすいと思います。

 

中間線維は、速筋線維と遅筋線維の両方の性質を持っています。

 

今回のように腹筋を割る場合は、「速筋線維」を鍛える必要があります。

 

筋肉が大きくなったり、筋肉量が増えたりするのは、この速筋線維が占めているんです。

 

腹筋を割るためには、お腹の筋肉量を増やさないといけないので速筋線維をトレーニングする必要があります。

腹筋を割るにはどんなトレーニングをすればいい?

腹筋を割るには、負荷を高めて低回数しか出来ないトレーニングをやりましょう。

 

これって筋肉を付けるための筋トレの基本なんです。

 

回数を何度もやる負荷の軽いトレーニングは持久力は付きますけど、遅筋線維を鍛えることになるので、腹筋を割ることにはならないです。

 

ですので、筋肉を付けてパワーや瞬発力を高めたいアスリートは、ジムでダンベルやバーベルを使ってトレーニングするわけですね!

 

家で自重だけでトレーニングするのは効率が悪いですからね。

 

アブローラー(腹筋ローラー)を使う

で、一番腹筋を割るために負荷がかかると言われているのが↓のアブローラー。腹筋ローラーとも言われることも。

 

 

聞いたことがある人もいるかもしれないですけど、これは本当に最強。

 

この腹筋ローラー、両手でバーを持って車輪をころころと転がして体を前後に動かして腹筋を鍛えるものなんですけど、この道具、舐められガチです笑

 

ダンベルのようにすごく重そうというわけでもなく、そんなに速い動作が必要なわけでもなく・・・

 

このアブローラーは、初心者にとっても上級者にとっても望むような強度に調製することが出来る点でも良い。

 

上級者ならキツい姿勢でやることで、刺激を腹筋に与えることが出来ますからね。

 

その姿勢が大きく分けて「膝コロ」と「立ちコロ」の二つ。

 

最初に紹介するのがこの膝コロ。

膝をついて四つん這いになった状態からローラーを前に転がして前に言ったら元のポジションまで戻る。

 

コレを何回か繰り返すトレーニングです。

 

途中までしか出来ない人は、途中まで転がしたら壁にぶつけるなどして無理矢理ストッパーにすればOKです。

 

腹筋を割りたいなら、自分の出来る限界の負荷を10回×3セットにすれば良いと言われているので、最初は膝コロでこれを目指しましょう。

 

で、次にやるべきは立ちコロ。


これはかなりの難易度で、けっこう腹筋が強くないと立ちコロは一度も出来ない人が少なくないです。

 

立ちコロを10回×3セットできるようになれば女性だと最強クラスですので、ここを目標にすれば良いでしょう。

 

ただ、腹筋初心者の場合は、初めは膝コロ2回しかできない・・・って人もいます。

 

それでも、初めは仕方ないもの。

 

わりと、早く膝コロ10回くらいならできるようになりますので諦めずにやっていくことが一番大切ですよ。

ドローインをする

ドローインは腹式呼吸でお腹周りのインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。

 

どこでも、いつでもできるのがすごいところなんです。

 

  • お腹に空気をため込む
  • 息を止めて、酸素を体中に張り巡らせる
  • 膨らませたお腹をへこませるように息をお腹から出す
  • お腹から息を出したらへこませた状態で30秒キープ

 

これらを10回繰り返すことを1セットと考えて一日二回やればOKです。

 

腹筋を割る運動はこの二つをやっておけば十分すぎるくらいです。

食事制限は糖質制限をやる

よく痩せるためにジョギングやランニングをする女性がいますけど、それってかなり非効率。

 

だって、筋肉量が増えないので代謝も上がらないですし、そもそもダイエットってずっと続けるものですから、走ることをずっと続けないと行けないんです。

 

筋トレよりも時間的にも長い時間かかります。

 

ですから、筋肉を付けるのは筋トレ、痩せるためには糖質制限、と綺麗に痩せるためにやることを絞りましょう。

 

糖質制限は、甘いものと炭水化物をカットするものと考えてもらえれば大丈夫です。

 

毎日の間食に甘いものを食べたり、ラーメン半チャーハンセットを頼んだりするのはやめましょう笑

 

甘いジュースなんてもってのほかですよ!

 

特に初めに糖質を制限するのがキツいようなら、夜だけ糖質を抜くことをオススメします。

 

けっこうすぐにやせますし、太るならそれは栄養を摂取しすぎなだけなんです。

 

糖質を抜いた分は、肉や魚、野菜を食べて補いましょう。

トレーナーのAYAさんは普段からこんな食事をとっているみたいです。

 

かなり、糖質をカットしているのが分かりますよね!

まとめ

一ヶ月でインスタ映えする腹筋を手に入れたい腹筋女子の皆さんは、”アブローラー”、”ドローイン”、”糖質制限”の3つをやれば美しい締まったウエストを手に入れることが出来ること間違いなしです。

 

この3つはお金も大してかからないのに効果は絶大です。

 

一ヶ月で腹筋を割るチャレンジ、挑戦してみてくださいね。

-ダイエット法, トレーニング, ボディケア
-, , , , ,

Copyright© diet lady , 2018 All Rights Reserved.